カテゴリ:海外旅行( 29 )

フランスツアー準備

 明後日から、フランス(モンサンミッシェル・パリ)へのツアーに参加します。今日は一日最終準備に費やしました。ツアーなので、飛行機やホテルの手配は問題ないのですが、後半二日間、パリでのフリー日に回る計画の最終案作成。

 旅行社から詳細行程表が届きましたので、パリのホテル(パリの郊外で治安にやや問題があるけど、メトロの駅から徒歩1分は便利)から、自分が行きたい美術館や博物館、それとツアー参加者集合場所までの行き方を研究しておりました。大体の地図も印刷。
 ちなみに絶対行きたい美術館・博物館は、オランジェリー美術館・オルセー美術館・ルーブル美術館、それとコンセルバトワール(のだめが留学したとされるパリ高等音楽院)横にある音楽博物館です。それら近辺の地図はゲット。ミュージアムパスも事前にゲットしているので、いちいち入場券を買わなくても大丈夫だし、(パス用の入り口は一般入り口より違って入るのに並ばなくて済むらしい)

 それと、ログブックね・・・ 今回はアシアナ航空を4レグ使います。広島空港を発ち、仁川経由でシャルルドゴール空港まで飛ぶので4レグ分準備。書いて戴けるかしら・・・
 後はiPhone用のアプリで、「パリの地下鉄乗り換え案内?」や、指さし会話帳もダウンロードしました。荷造りも大体終わって、後は出発するのみ?

今回持って行くrimowa・・・ 2輪キャスターなのがちょっと不便だけど、ホテル泊は4日なので買い物もしない私ならこんなもんでしょう。
b0057612_1112684.jpg

[PR]
by enoya | 2012-03-24 22:32 | 海外旅行 | Comments(0)

安いのには理由がある

 来月参加予定のヨーロッパへのツアー、春休み出発なのにかなり安​いです。(燃料サーチャージは相変わらず高いけど)  ホテルが治安の悪いとされる地域にあり・・・ まぁビジホなので​無料無線LAN付きはよかったけど。フリー日に送迎つきのOPばかり付いているから、ホテル所在地が​治安が悪くても問題ないんだ。
安いツアーは安いなりの理由あり。 ^^;

宿泊予定の宿の部屋 (完全なるビジホ) 泊まるだけですからね・・・
b0057612_14324465.jpg

[PR]
by enoya | 2012-02-24 22:29 | 海外旅行 | Comments(0)

 こちらのブログで今月初めに行ってきたウィーン旅行記を書いてきました。今日やっと最終日までアップし終えました。6月4日~6月10日分です。今回はデジカメで画像もたくさん撮っているし、いろいろなところへ出かけていますが、全てを書くとあまりに長くなり過ぎるのではしょっています。まだ校正を詳しくしていないのでぼちぼち修正をしていくつもりです。

 大好きな街:ウィーン。私が訪れた今月初旬はお天気も良く暑い日が続いていましたが、現在のウィーンは大雨が降り続き、洪水被害も出ているようです。気温も低くてコートなしでは過ごせないとか。
 私は、たまたま良い天気の時期にウィーンに行っていたことになりますね。

ウィーンを代表するケーキといえば・・・ ザッハートルテ
b0057612_204792.jpg

[PR]
by enoya | 2009-06-24 19:43 | 海外旅行 | Comments(2)

 今日でウィーンともお別れ・・・ 飛行機の時刻が夕方なので、午前中はゆっくりウィーン市内を歩こうと思いました。最後の朝食後(ホテルの朝食は美味しくて、毎日しっかり食べました) 先にチェックアウトをして、スーツケースとパソコンの入ったバッグを預ける。そして市内散策に出発です。先ずはホテル目の前にあるMQ内のレオポルトミュージアムへ。ここにはクリムトやシーレの絵が所蔵されています。ところが・・・ なんと火曜日が閉館日でした。ちゃんとチェックしていたつもりなのにショック! ホテルから5分の位置なのでいつでも行けると安心していたのがいけませんでした。
毎朝美味しく食べたホテルの朝食。頼めばコーヒーをメランジュにしてくれます(無料)
b0057612_1312491.jpg



 気を取り直して、カールスプラッツ方面へ。まだ行ったことがないシュテファン寺院近くにある「モーツァルトハウス」へ行ってきました。ここはモーツァルトが結婚後ウィーンに住んだ家です。そのまま残されています。ウィーンカードで割引になる7ユーロで入場。日本語音声ガイドも借りて、一つ一つの資料や使っていた部屋などの説明を聞いていきました。モーツァルトは高額な作曲料などをもらいながら、賭け事が大好きで大枚をつぎ込んでいたようです。それであまり豊かな生活を送れなかったらしいです。そんな中でも素晴らしい曲をたくさん産みだしている。モーツァルトファンならザルツブルクの生家とともに、是非訪れて欲しい場所の一つです。
b0057612_13195181.jpg


 モーツァルトハウスの見学後、やはりシュテファン寺院には行っておかないとと、大聖堂の中に入りましたここは荘厳な雰囲気に圧倒されます。教会なので、あまり観光気分で入っては失礼だと思いつつ、ステンドグラスや高い天井などを見つめていたのでした。
シュテファン寺院の外観。塔の下の部分が工事中でした
b0057612_13242464.jpg


荘厳な大聖堂内部
b0057612_13535147.jpg



 ホテルに帰ろうとケルントナー通りからカールスプラッツ駅方面に歩いていくと、カフェザッハー前を通りかかる。あら、あまりお客さんがいないわ!ということで、ウィーン最終日にザッハートルテと、メランジュをいただくことにしました。名物ですからね。店員さんに、
「ザッハトルテ & メランジュ ビッテ」
と注文。これで充分通じます。生クリームが添えられたザッハトルテと、上に生クリームが載ったメランジュが無事テーブルに。座った席も昨年座った場所とほぼ同じところ。壁にはここを訪れた著名人の写真が飾ってある、カフェザッハーでした。
ウィーンに来たら、やはり食べたい、ザッハトルテとメランジェ(ウィーン風カフェオレ?)
b0057612_1442554.jpg


 お昼ご飯代わり?のザッハートルテもいただき、ホテルに帰ってきました。ここのホテルは過剰なサービスはないけれど、部屋は清潔だし、静かだし、交通至便でネットも無料、朝ご飯は美味しくて、またウィーンに来ることがあればここに泊まりたいなと思いました。料金的にはちょっと高級なビジネスホテルみたいな感じ。K&Kホテルズはロンドンをベースにしたビジネスホテル系列のようでした。(日本で言うワシントンホテルくらいかな)
 ホテルに預けていた荷物を受け取り、U3にてウィーン西駅まで移動。重い荷物もエスカレーターやエレベーターがあるのでなんとか・・・ ちょうど昼過ぎのあまり混んでない時間帯でもありましたし。
 そこからは空港行きリムジンバスに乗車です。ウィーンカードがあれば6ユーロ。かなりリーズナブルで、荷物は持って移動しなくて良いし、シートの乗り心地は良いし、時間もあまりかからない。おまけに混んでいない。バスが良いですね。(笑) バスは途中から高速道路に入りあっという間にウィーン空港到着です。
b0057612_1421304.jpg


 自動チェックイン機で日本語表示にて手続き。パスポートなどをスキャンした後、窓口へ誘導されました。(親切なOSのお兄さんがいました) eチケットを見せてフランクフルトまでの航空券を受け取る。荷物はスルーで成田まで預け、その後はオーストリア航空のラウンジにて離着陸する飛行機を眺めていました。ウィーン空港はコンパクトな空港で、迷子にならないのが良いですね。(笑)
b0057612_1423203.jpg


 昨年もここのラウンジには来たなぁ~。食べ物もそこそこあり、係の方も親切。オーストリア航空って良いなぁと思ったのでした。搭乗時刻の1時間前になりシャワーを浴びようと思い立つ。このラウンジにはシャワーがないので、ビジネスラウンジに行ってくださいとのこと。(英語でそういわれたような気がした) ビジネスラウンジに移動し、シャワーも使わせてもらってOS131便へ搭乗したのでした。
b0057612_14255451.jpg

[PR]
by enoya | 2009-06-09 22:08 | 海外旅行 | Comments(0)

 今日はウィーンに来たら外せない、世界遺産:シェーンブルン宮殿へ出かけました。朝食をしっかりいただき、早めに出発です。ホテル最寄り駅U2フォルクステアター駅からカールスプラッツへ。そこでU4に乗り換えて6つ目の駅「Schnbrunn」で下車。進行方向側の出口から出ると、シェーンブルン宮殿が見えてきます。開門が8時30分からなので早めに出かけました。少し時間帯が遅くなると団体の観光客でごった返すらしいので・・・ 
 ここシェーンブルン宮殿は1695年レオポルド1世が夏の離宮としてハプスブルク家の狩猟の森に建てた宮殿だそうです。フィッシャー・フォン・エアラッハ設計のバロック様式でした。マリア・テレジアはこの宮殿を居城にすることに決め、ピンクの壁をイエローに塗り替え、内装はロココ様式に統一するなどの増改築を行ったそうです。有名なウィーン会議(会議は踊るで有名)もここシェーンブルン宮殿で開催されました。現在は2Fの見学コースになっている部分と、アパートとして実際に人が住んでいる部屋もあったりします。お城に住むってどんな気分なんでしょうね。
正面の門から入って見えたシェーンブルン宮殿
b0057612_1372551.jpg


 先ずはチケットを購入。今回は宮殿内の40室見学コース+庭園+グロリエッテの入場券がセットになった「クラシックパスライト」というタイプのチケットにしました。混み合う時は入場時刻が制限されるようですが、朝早かったのですぐに入場できました。ここは宮殿内撮影禁止なので、外観写真しかありません。昨年もこの40室観光はしましたが、ガイドさんに連れられての入場でした。今年は一人でマイペースにて見学。音声ガイドも無料で日本語バージョンを貸してもらえますので、ゆっくりと各部屋を説明を聞きつつ回りました。(少々固い訳になっていますが)
 やはり圧巻は大ギャラリー。朝食室にはテーブルセッティングもしてあって、ハプスブルグ家の朝食風景が想像できます。その他、漆の間(中国で製作された漆の壁の部屋)など、豪華な装飾の部屋ばかりです。撮影禁止なので、画像はありませんが。

 シェーンブルン宮殿のもう一つの魅力・・・ それは庭園の美しさ(広さ)もあるのではないでしょうか。今回は時間がたっぷりあるので、庭園を歩いてみました。きれいな四季の花々が植樹されています。
b0057612_11173717.jpg


 庭園は四方に伸びていて温室とか日本庭園とか動物園もあったりするようですが、今回は歩いて小高い丘の上にそびえるグロリエッテまでのぼってみることにしました。1775年に軍事的な記念碑として建てられたたてものですが、今は中央部分がカフェとなっていて、もちろん屋上にも上ることができます。良い天気で日ざしも強くて汗をかきかき、坂を登っていきました。もちろん屋上にも上がる。(要チケット)
b0057612_11431323.jpg


 歩くのがしんどい方にはシェーンブルナー・パノラマバーンというかわいいSLの形をした乗り物もあります。1回2ユーロで乗ることができます。今回は撮影のみで、ウォーキングを兼ねて歩いてみました。
b0057612_11242312.jpg


 途中にある噴水。ここにはネプチューンの像がありました。
b0057612_11392323.jpg


 さて丘の頂上にある「グロリエッテ」に到着。ここからはウィーン市街やウィーンの森も一望できます。もちろんシェーンブルン宮殿も美しく見渡せます。風もここちよく吹き、気持ちが良かったです。喉も渇きましたのでl、カフェに入り一休み。冷たい飲み物を飲んで一息つきました。
b0057612_11401833.jpg


 シェーンブルン宮殿をしっかり楽しんだ後は、U4に乗ってカールスプラッツまで戻りました。お昼時になりましたのでケルントナー通りからちょっと東へ入ったところにある「天満屋」へ。ここは広島にもお店がある老舗デパート「天満屋」がやっている本格的な和食料理店です。板前さんも日本の方ですし、普通に日本語が通じますので、ぼちぼち日本食が恋しくなってやってきました。現地の方もお客さんとしていらっしゃいますが、日本の観光客もかなり来られているようです。和食を食べてお腹も落ち着く。(笑)
頼んだランチメニューの懐石弁当。お昼はリーブナブルです。
b0057612_1148269.jpg


 昼食後はオペラ座にある音楽グッズの店「アルカディア」で音楽雑貨を物色。かわいい便せんやTシャツ、携帯ストラップなどを購入しました。ウィーンカードがあれば、1割引です。結構お得感ありですね。(もちろんカードもOK) 腹ごなしをかねてゆっくりとホテルまで歩いて帰りました。一応お土産品などを置いてから、近くのスーパーに買い出し。スープの素や普段食べられているチョコレートなどを買って帰りました。夜はいよいよオペラ座でバレエ鑑賞です。

 歩き回った汗をシャワーで落とし、さっぱりして夕方まで室内で休息。軽くチョコをつまんでスーツに着替えて、オペラ座へ出かけました。バレエの演目はトルストイ原作の「アンナカレーニナ」 悲しい結末の物語ですが、主人公アンナの心の変化をバレエの振り付けで巧みに表現してあり、伴奏もウィーンフィルのメンバーも兼ねる方達が担当。素晴らしい公演でした。本格的なバレエを見たのは初めてでしたが、感動しました。上演後のカーテンコールは何度も何度も。スタンディングオディベーションもすごかった。拍手もなりやみませんでした。
オペラ座の正面入り口から入ったところにある階段 制服を着た係員にチケットを見せて階段を上ります
b0057612_1264877.jpg


開演まえのオペラ座客席。指定席は平戸間でしたが、上にあがってオーケストラ席を撮ってみました
b0057612_1210166.jpg



 オペラ座を出てまだカールスプラッツの駅からホテル最寄り駅のフォルクステアターへ。午後10時前だというのにもまだ明るさが残っていて、駅からホテルまでの道のりも危なく感じません。これでウィーンで過ごす夜も最後・・・ まだ帰りたくないよ~
[PR]
by enoya | 2009-06-08 22:49 | 海外旅行 | Comments(0)

 今回のウィーン訪問で絶対行きたかった場所・・・ それはベルヴェデーレ宮殿上宮の美術館に行くことだったのです。昨年のウィーンでは庭園散策だけで朝早かったので、宮殿内の美術館には入れずじまい。クリムトの「接吻」など、大作を観たかったのです。

 ホテルで朝食をとった後、ホテルからリンク沿いまで歩いて出て、路面電車D(南駅行き)に乗りシュロス・ベルヴェデーレ(Schloss Belvedere)で下車して、ベルヴェデーレ宮殿上宮の門に入りました。電停でたくさんの観光客が降りられるのでその人たちについて行くとベルヴェデーレの門に到着。開場までに少し時間があったので、庭園を先ず歩いてみました。今日も朝から良い天気です。
b0057612_20155431.jpg


南側からのベルヴェデーレ宮殿・・・ 池に宮殿が映って美しい
b0057612_20214334.jpg



 開館時刻になったので、チケット売り場に行きウィーンカードを見せて割引にて念願の宮殿内に入場。ここはグスタフ・クリムト(Gustav Klimt)の「接吻」(Der Ku)が展示されていることで有名です。クリムトの他にエゴン・シーレ(Egon Schiele)、オスカー・ココシュカ(Oskar Kokoschka)や、同年代の画家のコレクションが充実しています。クリムトの「接吻」・・・ かなり大きな作品でした。館内は撮影禁止なので、ここで披露できませんが、圧倒されます。クリムトは金箔を作品に使っていて、特徴があります。さらには風景画も心惹かれるものがありました。また、シーレのコレクションとして有名な「家族」「死と乙女」などがあります。少し暗い感じを受けるシーレの作品群でした。美術館内のショップで、日本語の解説本を買って帰りました。

  いったんホテルに帰り休憩。今朝、朝食をしっかり食べたのでお昼はカット。午後から「Ring Tram」に乗ってリンクを一周してみました。黄色く塗装されたこの路面電車は、何カ国ものリンク周辺案内を聞きながらリンク一周できる観光用路面電車です。6ユーロとお高いのですが一度は乗ってみてもいいかな。オペラ座から一周してオペラ座まで乗ってみました。
Ring Tramの電車
b0057612_20511351.jpg


車内にある音声ガイドの機械。ここにイヤフォンを差し込んで日本語を選べば周囲に見える建物群の説明が聞けます。
b0057612_2053293.jpg



 Ring Tramを降りた後、市立公園を散策してみました。ここには有名な金ぴかのシュトラウス像などもあります。広い公園で、中には劇場もあります。今回は時間制限がなかったのでゆっくり回ってみました。
ヨハンシュトラウス像
b0057612_20562866.jpg


公演内にある花時計
b0057612_20575177.jpg


 
 さらにリンク沿いを歩いて、ブルク公園まで。リンク沿いは木々が植えられていてきちんと整備されています。自転車専用道路もあって、歩道と分けられています。かなりのスピードで自転車が通り過ぎていきますので、自転車道を歩くのは危険かも・・・
b0057612_20594836.jpg


 ウィーンフィルの本拠地、楽友会館。散歩ついでに寄ってみました。今回ウィーンフィルが聴けなくて本当に残念。
b0057612_2122424.jpg


 ブルク公園にあるモーツァルト像。前の植え込みがト音記号になっています。
b0057612_2111543.jpg


 王宮辺りにも足を伸ばす。
b0057612_2135441.jpg


 王宮からそう遠くないデメルまでお土産用のチョコを買いに寄ってみました。チョコは簡単に買えましたが、デメルのカフェは日曜日ということでお客さんでいっぱい。それで入るのを断念。そこで、昨年も行ったオペラ座近くにあるカフェ:モーツァルトに行ってみました。ここも映画「第三の男」に出てくる有名なカフェなのですが、ザッハやデメルほど観光客の姿はなく、空席をすぐに見つけて夕食です。お昼を抜かしていたので少々お腹も減っていました。ウィーンに来たら是非食べたかった、ホワイトアスパラガス・・・ ここのメニューにはしっかりありました。ゆでた太いホワイトアスパラガスにハムが添えてあります。それに大きなじゃがいもがごろごろ。これとパンが別に出てきました。
b0057612_217113.jpg


せっかくモーツァルトに来たのだから、モーツァルトトルテははずせません。喉も渇いていたのでアイスコーヒー(アイス付きのコーヒー?)も一緒に頼む。もうこれ以上何も入りませんというほど、お腹いっぱいになりました。
b0057612_2192552.jpg

[PR]
by enoya | 2009-06-07 22:43 | 海外旅行 | Comments(0)

 さて、今日は・・・ 先ずはオペラ座のチケットをゲットすべく、国立劇場前売りセンターまで出向くことにします。ここは手数料がかかりません。額面通りの金額で一ヶ月先までのオペラや演劇、バレエ公演のチケットが購入できるのです。売り場はオペラ座のすぐ横にあるので、ホテル至近U2フォルクステアター駅からカールスプラッツ駅まで2駅地下鉄で移動。有名な?地下道を通り、オペラ座前に出る出口から上がりました。どこの駅もエスカレーターやエレベーター完備です。地下鉄もウィーンカードを購入して入鋏機で刻印を押したので、3日間使い放題です。国立劇場前売りセンターで、今日と明日のオペラ公演のチケットをと頼むと「ソールドアウト」だそうです。やはりオペラ座の公演ははずせないのでウィーン最終日の夜のバレエ公演(アンナ・カレーニナ)を観ることにしました。平戸間(IF)の席がまだ空いていたので、84ユーロで購入。(カード決済) 残念なことにワーグナーのオペラは観ることができませんでした。事前に代行業者さんに頼んでいたウィーンフィルもチケットがとれなかったようだし、音楽の都ウィーンにきて、コンサートが聴けないのは残念です。

 バレエチケットをゲットした後は、いよいよ今回のウィーン訪問主目的の一つ・・・「美術史博物館」へ。ウィーンカードを見せれば1ユーロ安くなります。(笑) 前回観られなかったエジプト関係のコレクションへ。ハプスブルグ家のコレクションを展示してある美術館(元は王宮の一部らしい)ですが、膨大な所蔵品があります。ミイラとか壁画とかあって本当にすごいです。ストロボ無しだと撮影OKなので、何枚か撮ってきました。
美術史博物館
b0057612_1534964.jpg


エジプト関係の展示入り口
b0057612_1519683.jpg


エジプト文字?
b0057612_14393575.jpg


さて、お目当てのブリューゲルのコレクションを観に別の階段を上がります。
b0057612_14415087.jpg


ブリューゲルコレクションの中から・・・ 
バベルの塔
b0057612_1443619.jpg


雪中の狩人
b0057612_1450404.jpg


農村の婚礼
b0057612_1451836.jpg


子供の遊び
b0057612_14513270.jpg



ここに来たらはずせない、ベラスケスの「青いドレスのマリガリータ王女」 
b0057612_14522641.jpg


別の衣装を着たマリガリータ王女
b0057612_14525480.jpg



じっくり絵画鑑賞をして疲れたので、館内にあるカフェ:ゲルストナーへ。ここはハプスブルグ家御用達のケーキ屋さんだったそうです。美術史博物館の建物にしっくりととけ込むカフェでした。私はアップルパイとアインシュペナーというコーヒーをいただきました。たまたま同席したベルリンから来られたおばちゃまと手振りで会話も楽しかったです。
カフェゲルストナー
b0057612_14564614.jpg


アップルパイとアインシュペナー
b0057612_1457348.jpg


 美術史博物館を出てから、近くの市電停留所から市電に乗ってリンクを一周してみました。昨年は1番と2番の市電に乗ると、自然にリンクが一周できたのですが、今年から途中で乗り換えないとあらぬ方向へ行ってしまうようになりました。ドナウ運河近くの駅シュヴェーデンプラッツ駅で乗り換えです。車窓(特に時計回りだと左側窓側席)からいろんな伝統的建築群が見えます。そんな車窓を眺めつつ、オペラ座まで帰ってきました。ここで近くのサンドイッチスタンドにて、夕食用に魚介のサンドイッチをテイクアウト。ホテル近くのスーパーでジュースも買って、ホテルの部屋で質素にいただきました。
p.s.
初めて海外で誕生日を迎えました。
[PR]
by enoya | 2009-06-06 22:57 | 海外旅行 | Comments(0)

 フランクフルト空港で入国審査を通り、0S132便の搭乗ゲートまで20分でたどり着きました。入国審査はえらくあっさりと・・・ (これが帰国時ちょっとした騒動を引き起こします) ヨーロッパ内移動でも手荷物検査は厳重に。OS132便搭乗ゲートはどうやらバスでの案内になるみたいです。さて、時間があるのでラウンジにでもと係の方にラウンジの場所を聞くと、もう一度出国してその先にあるみたい。ラウンジで過ごした後、再度入国して、またセキュリティーを通って・・・ もう面倒なので、ゲートの前のイスで待つことにしました。喉が渇いたので、いつも飲んでいるVolvicの500mlを購入すると、なんと日本円で250円もしました。高っ・・・ 日本のスーパーでは100円未満で売っているのに。さすが空港価格だわ!
フランクフルト空港(ルフトハンザのお膝元だけにこのロゴばかり目に付きました)
b0057612_1328489.jpg


 搭乗時刻となり、バスでフランクフルト空港滑走路の一番端っこまで移動。そこにはオーストリア航空のフォッカー100というかわいいジェット機が待っていました。真っ赤なユニフォームのCAさんに満面の笑みで迎えられ機内へ。その際にログブックもお願いすると、出発までにフライトプランを見て記入し、返していただきました。実際はプランより低空を飛んだ気がするけど・・・ もちろん途中で機内食も出ました。野菜もたっぷり入った結構美味しいチーズサンドでした。飲み物サービスもあり。
オーストリア航空のフォッカー100
b0057612_13294521.jpg


OS132便で出された機内食(サンドイッチと小さいケーキが入っています)
b0057612_13315651.jpg



 ウィーン空港に到着すると日本時間でいえば朝の3時。(現地時刻午後午後9時) この時刻...ウィーンはまだ明るいのです。成田をお昼前に出発して、約15時間かかっています。荷物をピックアップしたら、眠さと疲れと荷物の重さで・・・自然と足はすぐ前にある空港のタクシーカウンターへ。中のおじさんと目が合い、手招きされました。(笑) ホテルの住所と地図を印刷して行っていたので、それを見せるとすぐに値段を出してくれます。(確か32ユーロくらいだった) ドライバーさんがきて出発。ということでホテルまで迷わずに行けました。タクシーにはチップが必要です。そうだ、ここはヨーロッパ!到着したホテル「K&K ホテルマリアテレジア」 ウィーン中心部にあるミュージアムクォーター(MQ)の真裏にあります。ここは、ネットが無料で、ホテルの口コミサイトでも評判が良かったので決めました。今回はエクスペディアでの予約。レセプションで名前を言うと、宿帳みたいなものは一切書かなくても良くて、エクスペディアからの予約表みたいなものを見ただけでOKでした。既にクレジットカードで決済していたからかな?
b0057612_13393414.jpg
 
[PR]
by enoya | 2009-06-05 23:19 | 海外旅行 | Comments(0)

成田前泊

 自宅を車で出発。先ずは広島空港へ。午後の羽田便(NH678)で上京しました。開港したての静岡空港上空を結構低い高度で飛びました。駐機場には2機飛行機が止まっていたのが確認できましたよ。
上空から見た静岡空港
b0057612_138499.jpg


 羽田からはリムジンバスで成田入りしています。最初NEXに乗ろうかとも思ったのですが、予想外にスーツケースが重くて品川までこの重い荷物をかよわいおばちゃん?が一人で持って移動するのがしんどい・・・ バスなら荷物も一緒に成田まで運んでくれますから。^^; ¥3,000也。成田空港からはホテルの無料送迎ホテルでクラウンホテル成田まで入りました。ネット上でリーズナブルな料金が出ていたので予約。シングルで頼んだのですが、アサインされた部屋はツイン。(ただし裏部屋?でNEXが止まっているのが見えました)ウェルカムドリンクと朝食付きなので文句なしです。夕食はあまり食欲がないので、ホテル内にあるam/pmでおにぎりを2つ。当分おにぎりも食べられないだろうし。 
 
アサインされた部屋
b0057612_13122441.jpg

[PR]
by enoya | 2009-06-04 22:05 | 海外旅行 | Comments(0)