人気ブログランキング |

カテゴリ:海外旅行( 33 )

香港最終日 

今日は帰るのみで午前11時15分にホテルロビーに集合以外は予定が入っていません。添乗員さんがサービスで海のほとりまでウォーキングという企画も出ていましたが、私は予定通り近所のスーパーまでお土産を買いに出かける予定です。朝食も今日はホテルの朝食を食べました。オムレツをその場で焼いてもらって野菜とジュースとパンとコーヒー、ヨーグルトにフルーツをトッピングしたのもいただきました。お粥の朝食も良いですが(お粥だけならね)通常の朝食が食べたい私です。


b0057612_15242678.jpg

 朝食が済んだらホテル近くのホテルまでお土産を買いに出かけます。ホテルを出て海側に少し歩いたところに「PARKN SHOP」の店舗があることは事前に調べていました。海外旅行に出るととの地域のスーパーで買い物をするのが好きなんです。食べ物の好みとかよくわかるし、文化の違いを感じ取ることができますから。それと香港で食べられている食材(のレトルト等)も買いたかったので、リストを作って持っていきました。李錦記のチューブ入りオイスターソースや調理レトルト、XO醤、リプトンのミルクティースティックやスイーツ類のレトルト等です。ホテルから徒歩5分くらいで迷わずたどり着いたので、早速買い物。楽しいです。


スーパーで買ったお土産類 全部で日本円に換算して4500円くらいかな
b0057612_16013751.jpg


 スーパーでのお土産買いだしも済んだのでホテルの部屋に帰って本格的なパッキング。余裕でスーツケースに収まりました。少し大きめのスーツケースで来るのが正解ですね。荷物がお土産で増えても余裕で入ります。午前11時15分にホテルを出発して一路香港空港へ。今日は帰るだけです。空港に着いたらまずANAカウンターにて帰り便のチェックインをしてスーツケースを預けました。それから・・・このツアーには最終日の昼食もちゃんと付いています。空港で行きたかったレストランもあったのですが、そこではなくて飲茶のお店。朝しっかり食べているのでここでもあまりたくさん入らず。(苦笑)


これまで何度も食べてきた飲茶・・・
b0057612_16062905.jpg


 昼食を食べ終えたらいよいよ出国して搭乗ゲート近くまで移動します。出国も「eチャンネル」があるので「e道」ゲートからすいすいと出国。本当に便利です。出国手続きを終えたらまた空港内電車で搭乗ゲート近くまで。そこで一応解散となり最後のお土産購入です。一つだけ自分に高級なお土産が欲しくて、ペニンシュラホテルのショップで一粒700円もする高級チョコを購入。一人でこそっと食べるためです。(笑) ま、それにしてもお高いチョコですこと。



ペニンシュラのチョコレート(4粒入り)
b0057612_16215916.jpg

 
 そんなこんなで時間は過ぎていき、搭乗時刻40分前になったので、一応ANAのチェックイン時にもらったラウンジ券でANA搭乗口近くにあるユナイテッドラウンジに入り、フルーツジュースをもらって昨日マカオで買ったエッグタルトを食べてからお水のペットボトルをもらってから搭乗口に移動しました。もっと早くにラウンジに入っていれば、軽い食事くらいはとれていたかもしれませんが、なんせ時間がありませんでした。ユナイテッドラウンジ近くにあるタイ航空のラウンジのカレーが美味しいと聞いていたのにな。ちょっともったいなかったです。


ユナイテッドラウンジ入り口 中は空いていました
b0057612_18345792.jpg


 NH810便の搭乗時国になったので機内に入りました。今回も窓口に席を変更。しかし帰国便はほぼ満席にて隣にもお客さんが来られました。ま、仕方ありませんね。いよいよ香港ともお別れです。帰りも行きと同じくB767-300ER。搭乗口から見ているとちょうどキャプテンが機外点検をしておられました。現地時刻14時55分発(日本時間でいえば15時55分)これから4時間ちょっと成田空港への空の旅です。


NH810便
b0057612_16211779.jpg

 飲み物の後にほどなくして機内食が配られました。飲茶も少し食べているし、エッグタルトもラウンジで食べてから搭乗したのでこれまたお腹が空いていません。パン類が食べたいなと思ってパン食を選びました。パンは食べたけどメインのおかず(ラザニア?)は残してしまいました。帰りは日本のテレビ番組の録画を見て過ごしました。うとうとと寝ていたときもあったし。もちろん帰り便もログブックをお願いしたら、久しぶりに飛行機柄のトランプやエコバッグ等が入ったビニルバックとともに返していただけました。搭乗証明書も入っていて・・・ もちろんログブックはコックピットに届いており乗員さん直筆サインもいただけて嬉しかったです。


機内食 ラザニアがメイン?
b0057612_16312083.jpg



そのうちに日本列島近くを飛行してどんどん成田空港に近づいてきました。外は暗くなってきています。行きは突然の揺れに驚きましたが帰国便は穏やかな飛行が続きました。成田到着は午後8時15分。入国手続きは自動化ゲートではなく、パスポートをスキャンしてカメラに写る人物の認証ですぐに入国手続きが完了する「顔認証ゲート」を通りました。自動化ゲートよりさらに簡素化されていて便利でした。今は日本人用だけなのかもしれません。


某所からお借りした顔認証ゲート こんな感じでした
b0057612_17451283.jpg


 税関を通り荷物もピックアップしてここでツアーは解散です。飛行機に乗る前に渡されたアンケート用紙も丁寧に書いて添乗員さんに渡す。今回の添乗員さんはアタリでした。とってもよく気がついて先を読み常に行動される方でした。このような方に当たるとツアーも楽しいですね。みなさんは各自自宅に帰られますが、私はもう広島に帰る術がありませんので、もう一泊成田で泊まります。今回はANAクラウンプラザ成田のお安いプランが出ていたので、それで予約。成田空港からANAホテルまでの無料バスに乗りホテルでチェックイン。朝食券とウエルカムドリンク券を受け取りましたが、ドリンク券は結局使わず。疲れていたので部屋に入って即休みました。そうそう、ホテルはシングルだったのにダブルにアップグレードされていました。前回ここに泊まった時もツインにアップされていましたのでよくあることなのかもしれません。ぼちぼち水周りの設備が古くなってきたかなぁとは思いますが、サービス自体は悪くはないホテルです。


泊まった部屋 (ダブルなのでお水も2本用意されています)
b0057612_17505433.jpg




*****************


by enoya | 2019-04-21 22:29 | 海外旅行 | Comments(0)

二日目はマカオへ

 ホテルを早めに出発して尖沙咀にある「徳興」というレストランで朝食(お粥定食)を食べました。メインはお粥のはずなのに、春巻きやシュウマイなどの点心、腸粉(ライスロール)、最後には焼きそばまで出てきて...朝からそんなに食べられません。私はお粥だけでヨカッタな。ここのレストランはどうもツアーの朝食会場のようでした。次から次へと団体さんが入ってきます。日本人ツアーはもちろんですが、大陸からのお客さんが多かったような。お粥以外ほとんど食べていないので味は分からず。^^; 後でグルメサイトを見てみると火鍋も有名らしいです。ツアー限定のお店でもなさそう。ツアー客の受け入れは積極的にしているのかもしれません。

最初はお粥とお茶
b0057612_20161797.jpg

点心が次々と・・・
b0057612_20171996.jpg

最後には焼きそばと腸粉まで・・・
b0057612_20165508.jpg


 朝食を食べた後は上環にある香港フェリーターミナルへ移動です。これから高速船に乗ってマカオまで移動するのです。高速船に乗る前にまずはイミグレ(香港から出国するので)を通ります。私はeチャンネルを昨日取得したので出国手続きは簡単。「e道」というゲートか「香港国民ゲート」でパスポートをスキャンし、指紋認証すればすぐに出国手続き終了です。今回はターボジェット(噴射飛航)という会社の高速船。席は2階席でしたのでプレミアムクラスだったようです。ツアーのみなさんが同じエリアに指定されていました。結構揺れて船酔いするかもと言われていましたので乗船前に酔い止め薬を飲みました。お隣の方と楽しくしゃべっていたら、少し揺れたけど全く船酔いもせずマカオに到着しました。

噴射飛航の高速船
b0057612_20431081.jpg

マカオに近づきました。マカオタワーが見えます
b0057612_21072189.jpg


 マカオに到着したら、ここでもまた入国検査。ここではeチャンネルは使えないのでちゃんと通常のビジターゲートに並んで入国審査を受けました。その後は、ツアーのみなさまとバスまで移動です。ここからは日本人の方がガイドとして乗車。まずはマカオといえばここという世界遺産に指定されている「聖ポール天主堂跡」に行きました。火事で天主堂本体は消失していますが、石造りの前面壁面だけが残されています。観光客多し。


b0057612_20484362.jpg

 次にここも世界遺産に指定してある「聖ドミンゴ教会」へ移動。ここは黄色い壁が特徴的な教会でもちろん中にも入れます。現存する教会なので中は厳粛な空気が流れていました。教会の中に入るのは好きです。その地域の方の宗教色を感じることができるから。


聖ドミンゴ教会
b0057612_20525447.jpg

教会内部
b0057612_20535662.jpg

 聖ドミンゴ教会を後にし近くにある「セドナ広場」へ。ここはマカオで一番賑やかな広場みたいです。たくさんの観光客で賑わっていました。ここの広場のお店でマカオ名物の「エッグタルト」を購入して食べました。表面に焼き色が付いているパイ生地の中にカスタードクリームが入っているスイーツです。セドナ広場は特徴的なタイルが敷かれていました。ポルトガル領だったこともあり、ヨーロッパの雰囲気がします。


セドナ広場 右下の方はガイドさん
b0057612_20564573.jpg
 セドナ広場を後にして近くのホテルで昼食。全く画像がないのはあまり特徴的な食事ではなかったからかな。ここでも点心が出たりして・・・ポルトガル料理のバイキングという名目でしたが、少しはそういう料理があったのかもしれません。あまり食欲がなかった私。なんせ少し前にエッグタルトを食べてますからね。食事後はバスに乗り巨大なカジノとホテル「ベネチアンホテル」に移動しました。この頃から外は雷雨。今回の旅行は曇りが雨・・・天候には恵まれていません。今は雨期だから仕方ないのでしょう。この「ベネチアンホテル」があまりに巨大すぎて私は完全に迷ってしまいました。大きな大きなショッピングモールで有名なエッグタルトのお店に行列してまたも「エッグタルト」をゲットしたまではヨカッタのですが、集合場所に行こうとして近道のカジノ内で迷ってしまい結局集合場所近くまで来たときに添乗員さんに見つけてもらいました。みなさん集合しているのに私だけきてなくて私を探しにカジノに入ったところで私を見つけて下さったようで・・・申し訳ない。集合時刻に5分遅れて仕舞いました。私、方向音痴だからなぁ・・・

ホテル内のショッピングモール 天井が空みたい
b0057612_21053451.jpg

ベネチアンだけにこんなサービスもあります(有料)
b0057612_21062342.jpg



 無事ホテルを脱出し(苦笑)バスでマカオフェリーターミナルへ。ここからまた香港へ帰ります。マカオ出国手続きをして帰りも噴射飛航:ターボジェットの高速船に乗って香港フェリーターミナルに帰ってきました。帰りのお船の方が揺れが少なかったかな。酔わずに済みました。香港フェリーターミナルではまたまた入国検査。私は「e道」ゲートですいすいと抜けて入国です。やはりeチャンネルは便利です。
 夕方になってきましたので香港2日目の夕食です。今回は海鮮レストラン「ジャンボ」という海上レストランだそうです。なんだか香港のパンフレットで見たことがある有名なレストランのようです。(美味しいかどうかは別にして観光客が連れて行かれるレストラン)まずはバスでジャンボレストランへの渡し船がある港まで行ってバスを下車。そこからレストラン専用ボートでレストランに渡ります。


海上レストランの後方対岸には高層マンションが乱立しています
b0057612_21202100.jpg

 このレストランでは海鮮が出されるとのことでしたが、エビと白身の魚のフライ、エビ団子?みたいなのは出ましたが、後は点心でした。点心は4回目となってちょっと飽きてきました。焼きそばやチャーハンも出てきましたが食欲もそこまでなくて・・・ あまり食べられませんでした。そんなに美味ではなかったし。今回私たちが食べたのは3Fの広ーいレストラン会場でしたが、2Fはもっと高級なレストランがあってここで出される料理は美味しいらしい。?


テーブルセッティングは豪華
b0057612_21242098.jpg

まずはスープから 右はお茶です
b0057612_21245815.jpg

海鮮(エビ団子や魚のフライ)・酢豚・お肉・チャーハン・焼きそばが丸テーブルに載せられています
b0057612_21253836.jpg

 夕食後のレストランジャンボ 夜の方がきれいですね
b0057612_21285548.jpg

 結局あまり食べられず、夕食後はまた船に乗って対岸に。そしてホテルに帰って私は疲れてしまってすぐ寝てしまいました。元気な方は添乗員さんと一緒にバスと地下鉄を乗り継いで女人街に出たり、スーパーに買い物に行ったりしたそうです。私は迷子疲れ? 点心疲れ? スーパーは明日行くつもりなので今日はおとなしく休みました。




******************


by enoya | 2019-04-20 22:04 | 海外旅行 | Comments(0)
 初めて香港に行くということで、クラブツーリズムの「お一人様参加の旅 はじめての香港・マカオ3日間」というツアーに参加です。

 成田空港南ウィングに7時50分集合ということで、ホテルチェックアウトした後に京成成田駅から電車で成田空港へ。余裕で間に合いました。集合場所近くでまずはグローバルwifiルーターを借りる。そしてツアーの皆様と初顔合わせです。今回ベテラン添乗員さん(この方本当によく気の付く方でした)と、海外ツアー添乗研修中の若い方のお二人で添乗です。ツアー参加者は12名。あまり多くありません。もちろん全員一人参加で気楽です。今回、出国審査前に自動化ゲート登録をしたので、パスポートのスキャンと指の指紋採取だけでさっさと出国できました。

 成田空港からはNH809便にて香港へ。全日空ということで日本語が通じるので気楽で、もちろんマイルがたまります。(ツアーだから予約クラスがSで50%積算ですが)かつラウンジにも行けます。あまり時間がなかったのでラウンジにはちょいと顔を出した程度ですが。今日のキャプテンは外国の方でした。もちろんCAさんは日本の方がほとんどです。機内アナウンスも日本語→英語→中国語の3種類でした。席は通路側から窓側に変更。767で窓側は2列シートで隣が空席だったので気楽でした。もちろんログブックもいつもの日本語表記のものをお願いしました。コックピットまで届いて乗員さんのサイン付きで返していただきました。


成田空港を離陸(向こうにマロウドホテルが見えています)
b0057612_16091606.jpg

上空から富士山がよく見えておりました
b0057612_16100848.jpg

シートテレビ 映画を観ました
b0057612_16112827.jpg

機内食はチキンカツカレーを選択 ちょっと好みじゃなかったかな
b0057612_16120647.jpg

 台湾を過ぎたあたりから天気が悪くなる。ずっとことこと揺れていてシートベルトサインが付きっぱなしとなりました。少しして「ドーン!」といきなり大きな揺れ。近くの座席テーブル上に置いていた携帯や袋等が宙を舞ってました。(私にはぶつかりませんでしたが)こんな揺れは初めて。海外にしょっちゅう出られている添乗員さんも初めて経験する大きな揺れだったとのこと。幸いにもシートベルトサインが出ていてCAさんも含め全員着席されていたのでけがをされた方はいなかったようです。もちろん飛行の安全には影響なく香港空港へ近づいていきました。


香港空港着陸です
b0057612_16185911.jpg

 香港空港に到着してまずは入国審査。空港内電車に乗ってイミグレにたどり着く。ここの入国審査はかなり行列すると聞いていたのですが、今日はたまたま空いていました。すぐに入国できたので添乗員さんに事前にお願いをして「eチャンネル申請」をしてきました。条件は18歳以上でこの一年間に3回以上香港に来たことがあるか、もしくは香港に就航している航空会社の上級ステイタスを持っていることが条件です。(ANAだとSFCかブロンズ以上を待っていれば大丈夫)待っている人が一人だけだったのでさっさとサインと写真を撮って指紋押印で申請終了。係官のお姉さんからパスポートの裏面にバーコードを貼ってもらって手続きが終わりました。次の出入国からは混み混みの審査列に並ばす「e道」ゲートを使って簡単に出入国できます。イミグレカードも書かなくて良いしね。


入国審査を通過してすぐに右側にまっすぐ行くとeチャンネル申請場所があります
b0057612_16243672.jpg

eチャンネルの申請終了時、パスポート裏に「バーコードシール」が貼られます
(バーコード欄は個人情報なのでモザイク処理しています)
b0057612_16305498.jpg

 香港空港を出て団体バス乗り場まで現地ガイドさんに連れられて歩き、バスに乗ります。12名の団体なので一人で2座席を余裕で使えます。空港島からまずは「黄大仙寺」まで移動です。移動している間に雨が酷くなってきました。黄大仙寺に着いた頃には滝のような大雨。その中を傘をさして(私はカッパも着て)お寺に参りましたが、それでもジーンズの下から靴の中までびしょびしょになりました。みなさん大変でした。黄大仙寺の見学はこの豪雨のために短時間で終了。


大雨の中をお寺に入ります
b0057612_16412654.jpg

十二支の銅像があります
b0057612_16421406.jpg

雨がすごいことがよくわかります
b0057612_16425338.jpg

 ずぶ濡れになって早々にバスに戻る。ここは有名なお寺らしかったのですが、説明も聞き取れないくらいの雨で、次に予定していた「花園街」ファーユエン下車見学は車中見学に変更になりました。みなさん濡れてしまったので、まずはホテルにチェックインして着替えてから夕食へという行程に変更。ということで、今夜と明日2連泊するホテル「ハーバープラザ8ディグリーズ」に向かいました。昔の啓徳空港近くにあるホテルです。地下鉄の駅から遠いので(歩けない距離)移動はバスかタクシーになりますが、ツアーの場合はバスでホテル前まで連れてきてくれるので、大陸を含めツアー客が多く利用するホテルのようです。部屋も広いし、割ときれいだし。飲用水ペットボトルもドライヤーも湯沸かしポットもあります。無料wifiも完備です。定員二人の部屋を一人で使いますので、タオル等も二人分用意されていて部屋も広くてヨカッタです。16階でしたが、周囲の景色は再開発中であまりきれいではありません。


ホテル外観(某所からお借りしました)
b0057612_20054175.jpg

ダブルの部屋を一人で使います。一人参加ツアーなので・・・
b0057612_20062645.jpg

お水もお茶のティーバッグやコーヒーも二人分(毎日補充あり)
b0057612_20072390.jpg

シャワーの出も良いし、トイレもきれいでした
b0057612_20093581.jpg

 ホテルで着替えて(靴も履き替えて)夕食会場に向かいます。ミシュラン一つ星を獲得した「添好運:ティムホーワン」ガイドさんによると店員さんのサービスはあまり良くないけれど、味はおすすめの店だそうです。特にメロンパンの中にチャーシューが入っているパンがおすすめだとか。それで人気があってツアーであっても事前予約できないのだそうです。(東京にもお店がありますが日比谷のお店は高級店ぽい)当初の予定より少し早めにお店に入ったので余裕で席がとれました。まずは2人で一つのおこわを分けて食べます。蓮の葉にくるまれているおこわにはチャーシューが入っていました。結構ボリュームがあり女性二人では食べきれませんでした。


蓮の葉ちまき
b0057612_21024976.jpg

ポークとエビのシュウマイ
b0057612_21062263.jpg

添好運名物のベイクドチャーシューパオ と エビの蒸し餃子
b0057612_21073633.jpg

 その他にチョンファンや温レタス、最後にデザートのキンモクセイとクコの実ゼリーが出て終わりました。ここも飲茶だったので(アルコールはないお店)お茶での食事になりました。私は飲めないので大丈夫ですが、いける方はちょっと・・・かな。割とお安く美味しい飲茶がいただけるお店として有名だそうです。ミシュランだしね。
 夕食後は雨も小降りになったので当初の予定通り、ビクトリアピーク中腹までバスで上がり夜景を見ることになりました。ガイドさんのお話によると山腹にある高層マンションは高級で(高価で)富裕層の住む場所なんだそうです。そういえば高層マンションの中庭にプールがあったりして結構ラグジュアリーだなぁとバスの車窓から観ていました。ビクトリアピークに着くと雨も上がり香港の夜景が見渡せました。あれほどの豪雨が降ったのに嘘のように・・・

b0057612_21245930.jpg


 ビクトリアピークからバスで下界に降りて、今度はスターフェリーに乗り込み(ガイドさんがオクトパスカードを使って一人ずつフェリーに乗り込ませていました)船の中から夜景を見ました。外に出られなかったのであまり良い写真はありません。これくらいかなぁ。リッツカールトンホテルの入っているビルかなぁ?なんせ高いビルの壁面にCMの文字が映し出されていました。


スターフェリーから見えた夜景
b0057612_21431219.jpg

 これでやっと香港一日目の行程終了。ホテルに帰ってから、近くのセブンイレブンで飲み物+ちょっとした甘い物を買ってきて今日一日が終わります。結構ハードな一日目でした。セブンのおじちゃんは日本語がしゃべれました。きっと日本人の団体さんが結構来るんだろうな。





*********************



by enoya | 2019-04-19 22:00 | 海外旅行 | Comments(0)

優待ツアー当選?

 某スーパーで一定額以上に買い物をした人が応募できる「ヘルシンキツアーが当たる懸賞」に応募したところ、次点である優待ツアー当選通知が来ました。

 優待料金:88,000円。これは往復航空券(フィンランド航空直行便)と朝食付きホテル3泊+送迎代のみの料金なので、燃料サーチャージや空港税、OPツアー、昼夕食代、一人部屋加算、関空までの往復JR料金等をプラスするとあっさり25万円超え。優待は2万円分割引だそうです。ホテルは悪くないしヘルシンキの便利な場所にあるので、エアー+ホテルの料金としては高くないと思うのですが、他のツアーがOPツアーとしている観光ツアーの値段もひっくるめて値段を出しているので、その方が海外旅行ツアーらしくて良いかもと思ってしまいます。一瞬安く見せようとしているような・・・


 まぁ優待ツアー当選と連絡すれば、この際だから行ってみようかと思われる方もおられるでしょう。私も北欧は未踏なので行ってみたい気もするのですが、どうしようかなぁ・・・夫は仕事が忙しい時期で行けないと言ってるし多分行かない方向で・・・検討中です。



b0057612_22034336.jpg



****************



by enoya | 2019-02-22 21:56 | 海外旅行 | Comments(0)
 サンノゼからのNH171便(hiro-san乗務機)の成田到着は翌日(30日)の午後3時過ぎでした。

成田に帰ってきた~
b0057612_20151278.jpg

 30分くらい?早着だったのでなんとターミナル直結のスポットが空いてない。沖止めと相成りました。成田の国際線(それも長距離便)で、沖止めは初めてです。駐機した787の横にはバスが2台。あらたったの2台で済むんですね。そのバスに乗って1タミまで移動です。


バスに乗る直前に撮りました。ここしか撮れる場所がなかったのでコックピット側が写せず
b0057612_09444673.jpg

 沖止めスポット用のバスや関係者しか走れない道路を通ってあっという間に1タミへ到着。入国審査・荷物のピックアップ・税関をあっという間に通り抜けて、コネクション便に搭乗手続きに向かいます。入国審査は特段気を遣わなくて良いので気が楽です。それに人をさばく時間が早い。成田からはコネクション便のNH3111便(IBEXでの運航)ですが、広島の天候は雨。フライトに天候調査が入っているようです。搭乗機はCRJ-700なのでCATⅠしか使えません。(広島空港はCATⅢまで使えます。たとえ濃霧でも電波を頼りに降りてこられますが、乗員さんの資格や機体によってはCATⅢが使えません)広島空港が雨だとまずいんだよねぇ・・・ ま、とにかく欠航にはなってないので搭乗手続き。するとお姉さんから
「今日は外国のお客様が多く手荷物が非常にたくさんになっています。できれば送料ANA持ちでスーツケースを宅配させていただけませんか?」
と持ちかけられました。以前にもそういうお願いをされたので快諾。こっちも雨の中駐車場までごろごろスーツケースを転がしていく必要がなくなるのですからラッキーです。翌日配送されて腐るようなものもなし。3111便が飛ぶということは確認できましたが、広島空港に着陸できないときは伊丹空港が代替空港と聞いてちょっと凹む。ま、これも天候次第。運に任せましょうということで、チェックイン終了しました。
 サンノゼでご一緒したJunさん、HALさん(と成田で合流したHALさんのお嬢さん)、hiro-san、私でちょっとだけお茶してから、広島便の搭乗時刻が迫ってきたので早めに退席しました。hiro-sanが現在の広島空港天候チェックをしてくれ「今のところぎりぎり降りられるんじゃない!」と言ってくれたので、少し気楽になってIBEXの搭乗ゲートに急いだのでした。

ANA3111便搭乗。沖止めスポットからの搭乗です。CRJはいつも沖止めから
b0057612_10004080.jpg
 もちろん搭乗時にログブックのお願いをして、絵はがきやアメと一緒に丁寧にCAさんが代筆されたログブックを返して戴きました。日付をまたいでの帰国便でほぼ寝られなかったのもあり、眠くてほぼ寝ていました。窓側席でしたが外は真っ暗。何も見えなかったのもあります。機内でも広島空港天候悪化の時は伊丹空港に着陸することもありますとのアナウンスもあり、ちょっとドキドキ。広島空港近くになり最終の着陸態勢に入ったと思ったら無事Rwy10に着陸できました。いつ10側にぐるっと回ったんだろう?それも気付かないくらい。ちゃんと到着できてほっとしました。伊丹に着くとそこから新大阪。新幹線にて広島移動・・・疲れが倍増しますから。(それに天候が理由の場合、移動旅費も出るかどうかわからないしね)
 広島空港に降り立ち、荷物は明日宅配なのでささっと空港を出て駐車場から車を出して、けんちゃんの待つ自宅に帰り着いたのです。午後8時過ぎに帰宅後はけんちゃんの歓迎行事が2時間弱は続いたでしょうか。私がトイレに行くとギャン鳴き。またどこかに出かけるのじゃないかと心配するのです。4泊5日も動物病院ホテルに預けてましたからね。けんちゃんの気持ちが落ち着いてちゃんと寝付くまでそばにいて、それからやっと私もお風呂に入り休むことができました。時差があるので眠くって・・・




今日の発電状況
天気   くもりのち雨 (こちらはずっとこんな天気が続いていたようです)
発電   6kwh
売電   4kwh




**********************************************
  

by enoya | 2016-09-30 22:31 | 海外旅行 | Comments(0)
 サンフランシスコ近くの空港から車でサンノゼ市内に入りました。今日から2泊するエバンシースイーツホテルミルピタス(ヒルトン系)にチェックイン。ヒルトンオナーズサイトから予約したのでチェックインもスムーズです。(久しぶりのヒルトン系ホテル宿泊なので,オナーズが切れてしまい、新たに入り直しました)それでも1泊結構します。アメリカはセキュリティーや利便性が高い場所にあるホテルは結構高いのがねぇ。ここのホテル、中庭を囲んで部屋がある構造になっていて、全ての部屋がスイーツ(つまりリビングとベッドルームの2部屋)になっています。冷蔵庫も大きいのがあり、電子レンジやコーヒーメーカーなど設備は結構良いです。某エアラインの乗員さんもここのホテルを利用されているとか・・・


エバンシースイーツホテル ミルピタスの外観 
b0057612_17581909.jpg

こちらはリビング。ダイニングテーブルもテレビもあります
b0057612_19172261.jpg
リビングにはミニキッチンもついていて、電子レンジ・空の冷蔵庫・水道・コーヒーメーカーなどがあります
ホテル近くに大きなスーパーもあったので、水やジュース、ヨーグルトを買い込みました。ただしすべてアメリカンサイズ!
b0057612_19190436.jpg
寝室です。大きいベッドが一つどーんとあります。
大きな洋服ダンスと整理ダンスも・・・ もちろんライティングディスクやテレビも
b0057612_19383133.jpg
洗面所とトイレ(バスはその左横にあります)タオルはたくさんありました
b0057612_20090145.jpg

 夕食はたまたまサンノゼに乗務で飛んできていたhiro-sanキャプテン推薦のシーフードのお店に出かけました。「THE BOILING CRAB」というお店です。ジモティーには知られた店だとか。会食メンバーは日本から来た私たちと、hiro-san、フライトスクールのW校長、ここのフライトスクールでライセンスを取得したサンノゼ駐在中のY夫妻。わいわいにぎやかに蟹やえびを食べました。このお店、なんとナイフもフォークもありません。ビニール袋に入れられて出てきたたれ付きの蟹やえびを手で豪快につかんで食べるのです。かなり人気があるようで、1時間待ちは当たり前とかネットに書いてありました。たれが辛くてにんにくがすごく効いているのですが、それも美味しいんです。手で食べたので、ホテルに帰って石鹸で洗ってもなかなかその香りがとれませんでした。


開店してそんなに経ってない時間にこのお店に行きました
b0057612_19274042.jpg
こんな感じで蟹が出てきます
b0057612_19285937.jpg
ただし、生牡蠣だけはお皿に載ってでてきます。これも美味しかった~
b0057612_19295141.jpg

 明朝はやや早めにホテルを出発なので、今夜はこれでお開き。ホテルまではお酒を飲まなかった方に乗せて返ってもらう。ほんと助かります。お風呂に入ってちょっとネットをしてから早々に休みました。明日は小型機フライト同乗、サンフランシスコの青い空を楽しみます。




***********************************************


by enoya | 2016-09-27 22:41 | 海外旅行 | Comments(0)
 ホテルを午前9時前にはチェックアウト。エクスペディアで先払いしていたのでフロントでの支払いはナッシング!と言われました。寝るだけのホテルでしたが、便利な場所だし、緊急時には日本語も使えそう?なのでここに泊まってヨカッタかな。つたない英語で荷物を預けていざサンフランシスコ観光2日目スタートです。今日はケーブルカーに乗ってフィッシャーマンズワーフを訪れることが目的。午後にはお仲間がサンノゼから私をピックアップしにおいでになります。それまでサンフランシスコ一人旅が続きます。

 まずはホテルからすぐのところにあるケーブルカー始発駅のパウエル(powel)l駅に。サンフランシスコ観光の名物・ケーブル・カー。ケーブル・カーの前と後ろを回転させる回転台がおもしろかったです。9時過ぎでしたが、結構な人が並んでいました。中国の団体さんに割り込みされたけど、結局その人たちは私が乗るPowell-Hyde線には乗らなかった。メイソン線に乗りたかったのかな?

ケーブルカー回転中 人力です
b0057612_10513612.jpg

b0057612_10524434.jpg

b0057612_10544802.jpg
 近くにあるチケット売り場で片道7ドルでチケットを購入。(車内でも買えます)必ず車掌さんがチケットの確認をします。40分くらい待ってhyde駅終点まで乗ってfiシャーマンズワーフを目指します。とにかくサンフランシスコは坂が多い。それも生半可な角度じゃなくて近距離でも歩くのはとても大変です。ケーブルカーなら25分くらいでベイエリアに行くことができ、なおかつ周りの風景がよく見えます。パウエル駅からユニオンスクエア横を過ぎたらすごい坂を登ります。

ユニオンスクエアを過ぎた辺りからのすごい登り坂
b0057612_11015044.jpg


登り切ったら下り坂 海が見えてきました
b0057612_11031489.jpg
刑務所島として有名なアルカトラズ島も見えてきました
b0057612_11041982.jpg

ケーブルカーは道路に埋設されたケーブルが絶えず動いていて、このレバーで動きを制御しているんだそう
カチャ・カチャとすごい音がしました(車内にて撮影)
b0057612_11075705.jpg

右手奥にある古めかしい茶色の建物がケーブルカー博物館
ここでサンフランシスコ中のケーブルカーのケーブルを動かしているそうです
場所はメイソン線とハイド線の分岐点近くです
b0057612_11395967.jpg

無事hyde駅に到着。ここも車両をターンさせます。
b0057612_11164196.jpg


hyde駅近くの公園から霧がかかったゴールデンゲートブリッジが見えます
昨日バスで渡った時は快晴で霧一つなかったのに、今日は橋の上部しか見えません
b0057612_11180355.jpg
アルカトラズ島も霧の中・・・
b0057612_11193079.jpg

 hyde駅からフィッシャーマンズワーフの中心街まで軽く歩きました。1kmもないくらいです。ここは非常に観光客の多い観光地だそうで、平日の午前中から多くの人で賑わっていました。元は漁師町。今は大観光地でシーフードのお店が並んでいます。

フィッシャーマンズワーフの名物 蟹の看板
b0057612_11213125.jpg
ここもフィッシャーマンズワーフの名物パン屋 ボウディンベーカリー
パンの器にクラムチャウダーを入れたのが名物らしいですが、ボリュームがすごそうで今回はパス
b0057612_11460558.jpg
パンがつくられているところも道路から見ることができます
b0057612_11465983.jpg


 フィシャーマンズワーフでは観光客が多くてトイレに困るとの口コミが多く・・・地元の博物館みたいなところでトイレを借りました。もちろん無料できれいなトイレ。助かりました。ここでUターンしてハイド駅に戻り、またケーブルカーに乗ってパウエル駅まで戻ってきました。帰りには狭い坂をたくさんの車が降りていく「コンバートストリート」も坂の頂上から見ることができました。ケーブルカーを降りませんでしたが・・・ パウエル駅からホテルに戻り荷物をピックアップして待ち合わせをしていたJun/sさんとHALさんに合流・・・ SFOを熟知しているJun/Sさんの運転で午後はいよいよ飛行機関連観光になりそうです。後半に続く。




******************************************************







by enoya | 2016-09-27 12:30 | 海外旅行 | Comments(0)
 ホテルで少し休憩した後・・・ さぁ観光に出発です。一人旅だったので市内半日観光ツアーには不催行だと振られてしまい、一人で観光するしかなくなりました。もっとお金を出せば個人ツアーもあったけど、560$ってあまりにもばかばかしかったので、45$のバスツアーに乗ることにしてバス停があるユニオンスクエアに。今回のサンフランシスコではフィッシャーマンズワーフとゴールデンゲートブリッジを訪れることが目的といっても過言ではありませんでしたので、ツアーは必須でした。特にゴールデンゲートブリッジにはバスでしか行けないらしいし、公共交通機関それもバスに乗るっていうのはサンフランシスコ初心者にはちょっとハードルが高かったのです。台数が多そうなBigBusに決めました。ユニオンスクエアのバス停には明るい営業のお姉さんがいて、彼女から24時間有効のチケットを買うと私が乗るバスに案内してくれ、日本語解説のイヤフォンもセットしてくれました。親切だった・・・


ユニオンスクエアにはオープントップバスの停留所があります。この辺りから乗車
右端にちらっと写っているのがBigbusです。2階に座りました。
b0057612_20205534.jpg
バス車上から1
b0057612_20214416.jpg
バス車上から2 市庁舎辺りかな?
b0057612_20222006.jpg
こんな感じの2階建てバスです
b0057612_20490704.jpg

サンフランシスコ交響楽団のベースであるホール
b0057612_20244443.jpg

いよいよゴールデンゲートブリッジに
b0057612_20263385.jpg
バスで渡ります。自転車で渡っている人も多し
b0057612_20272471.jpg
風がすごくて目があけていられない・・・
b0057612_20281380.jpg


 途中でバスの調子が悪くなったようで何度も停まります。外国語での観光案内ができなくなったようです。まぁ目的のゴールデンゲートブリッジはバスで往復できたし、フィッシャーマンズワーフは明日ケーブルカーを使って訪れる予定なので、ユニオンスクエア近くまで戻ったところで下車しました。

ユニオンスクエアの様子
b0057612_20300198.jpg
ユニオンスクエアのすぐ前には有名な百貨店メーシーズがあります
b0057612_20424630.jpg


 この後、このそばにあるドラッグストア:ウォルグリーン(Walgreens)で、水や夕食やおやつのお買い物をする。ドラッグストアとは名ばかりで、コンビニみたいでした。なんでもあります。2階にお薬や化粧品を売っていたようですが、私は1階の食料品コーナーだけで十分。夕食用のカリフォルニアロールと、朝食用のパンを購入。カリフォルニアロールはお店で手作りしていました。ちゃんとお箸までありましたよ。HISのサイトにウォルグリーン紹介サイトがあるのでリンクしてみます。日本人はユニオンスクエア辺りに泊まることが多いと思うので、この店舗を押さえておくと便利です。隣はユニクロ・・・さらにわかりやすい。


こんなにたくさんお寿司(カリフォルニアロール中心)を売ってます
b0057612_20545547.jpg






明日の午前中はケーブルカー散策予定です。









****************************************





by enoya | 2016-09-26 21:44 | 海外旅行 | Comments(0)

TASロック

 久しぶりにアメリカに行くので、スーツケースの鍵はどうするんだけと考え込む。TASロックはどうやったらヨカッタ?とネットで調べて観ると。
 鍵自体をかけないでスーツケースベルトを巻いておくのがベストだという意見多し。鍵をかけてもアメリカの係官は鍵を解除できる万能鍵を持っているということでしたが、希にこの鍵がなくてスーツケースの鍵自体をこわされて中身をチェックされる事例もあるとか。まぁ重要なものや高価な物(最初からないけど)は入れませんから、無施錠でも(例え盗まれても)それほどの影響はありません。まぁ着替えの服を入れてるからそれはそれで困るけど、最悪向こうで(ユニクロやGAPで)買えばいいと考えましょう。ロストバゲージも可能性あるから、1日分は着替えを手荷物で持って入らないとね。
大体スーツケースに入れるものは準備できたかな。


スーツケース RIMOWA SALSAAIRのTASロック部分
b0057612_17175467.jpg



今日の発電状況
天気   曇りのち雨
発電   7kwh
売電   4kwh





**********************************
   

by enoya | 2016-09-25 17:19 | 海外旅行 | Comments(0)

外貨両替

 来週ちょいと弾丸で太平洋越えをしてくるので、近くの地方銀行でドルに両替してきました。500ドルセット・・・ 今は円高なので一時期よりはレートが良い(1ドル101円くらい)のですが、ちとこの銀行は手数料が高いなぁ。まぁあまりたくさん両替してないのでそんなに額はいきませんでしたが、手数料で儲けている銀行とはいえ、1食分の(少し豪華な)ランチ分かかってしまいました。海外ATMでキャッシングが一番レートが良いらしいけど、やったことがないので面倒ですしね。ま、必要経費ですね。それにしてもこの500ドルセット必要な1ドル紙幣が10枚しか入っていません。チップに必要なのでもう少し増やして欲しいなぁ。
p.s.
500ドルだとちょっと心許ない(現金で少しまとまって払う必要があるので)ので、成田で再度もう少しドルに両替します。



両替したドル札とパスポート
b0057612_17025357.jpg





今日の発電状況
天気   曇りのち晴れ
発電   18kwh
売電   15kwh






***************************************


by enoya | 2016-09-23 21:58 | 海外旅行 | Comments(0)

飛行機が大好きで、音楽が好きで、パグのけんちゃんがかわいくてたまらない。そんなお母さんの日常を書いています。 


by enoya