人気ブログランキング |

カテゴリ:書籍( 28 )

 どこかに行きたい病が発生している私。しんどい仕事を受けると、鼻の先ににんじんをぶら下げたくて行きたいところを探します。とりあえず近場で・・・香港あたりかなぁ。飛行機好きメンバーには旅好きの方(旅慣れている方)が多く、今度の集まりは香港で!なんてこともあったりするのですが、未だに香港に行ったことがない私にとっては未知の世界。是非行ってみたいところなのです。初めての場所なのでできれば最初はツアーで行きたいなと思っていて、いろいろな旅行サイトを見ています。今日は朝からずっと雨も降るし暇なので、本屋さんに行ってつい買ってしまった、「香港・マカオ」の旅行関連書籍。仕事や家事の合間に楽しみに見ることにしようと思います。



地球の歩き方「香港」がなくて、朝日新聞のハレ旅シリーズを購入
b0057612_21222114.jpg





******************



by enoya | 2019-03-10 21:28 | 書籍 | Comments(0)

ニャーゴ

 国語で今「ニャーゴ」という物語を勉強しています。かわいい子ネズミとその子ネズミを食べようとするネコが出てくる結局はほのぼのとした物語。宮西達也さん作。この方楽しい絵本をたくさん書いておられてうちの教室の書棚にも4冊宮西達也さんの本が置いてあります。図書室にはニャーゴの大型絵本(定価9700円)もあって、子供たちには有名な物語なんです。勉強するのも楽しそう・・・


読み聞かせ中の大型絵本「ニャーゴ」でっかいですよね。
b0057612_21040908.jpg




*********************


by enoya | 2019-03-04 20:59 | 書籍 | Comments(0)
 大きなスーパーの安売りちらしにつられて出かけてきました。でもものすごいお客さん、特にレジ待ちのお客さんが数十人も並んでいて購買意欲減退。欲しいものは夫のポロシャツだったのですが、普段Lサイズを着るのにこのメーカーのはLサイズが大きめ。こりゃ本人と一緒に来ないとだめだわと即購入を諦める。せっかく来たんだからと奥の本屋さんをのぞくと・・・ なんとほしい文庫を売っていました。先ずは髙田郁「みをつくし料理帖」の特別巻「花だより」。この物語は全巻持っていて既に完結しているのですが、主人公たちの3年後ということでまとめてあります。その後主人公たちはどうなったんだろう?と自分なりに想像はしていましたが、なるほどね。買ってすぐ読み始めて夕方には読了。
 そして・・・ 過日亡くなった漫画家でありエッセイストでもあった「さくらももこ」のエッセイ、「さるのこしかけ」と「もものかんづめ」の文庫本もありました。1冊ずつしかありませんでしたので即購入。さくらさんが亡くなってから、品薄になっていたエッセイです。偶然見つけてうれしかった。それと謎の1冊。趣味の本です。(笑)

こうやってほしい本が偶然見つかるというのも本屋に行く醍醐味ですね。ネットばかりじゃなくて実際に本屋に行ってみるもんだなぁと思った一日でした。



今日勝った文庫本4冊
b0057612_22272335.jpg









*******************************************************




by enoya | 2018-10-05 22:29 | 書籍 | Comments(0)

読了「かがみの孤城」

 今年の本屋大賞 辻村深月さんの「かがみの孤城」を読了しました。なんせ554ページのハードカバー・・・なかなか読み始められなくて、いざ読み始めたらあっという間に読了しました。ネタバレにならない程度に感想を書いてみます。

 主人公はある公立中学1年の女の子。いじめが原因で不登校になっている。そんな彼女がかがみの向こうに・・・これからはファンタジーというかミステリーというか、最初は職業柄読みにくいなぁというか担任教師の言動も批判的に表現してあり、身につまされるという感じも少しありつつ読み進めていきました。(多感な中学生だとあり得るシチュエーションでしょう)ちょっと中盤にかけてはまどろっこしいというか状況説明が長いなぁという感じはしましたが、読了後はああ、あそこでこういう表現がしてあったのはそういうことなのねと気付くのです。ちょっと前に進みにくい展開。それが終盤になると一気に、あれれ、そうなの、へぇ~そうだったんだと展開していきます。ファンタージー(ミステリー?)なので現実にはあり得ないことなのですが、なかなか最初からは想像できない展開でした。ラストは・・・ 実際に読んでみて下さい。





b0057612_22080848.jpg







*************************************************


by enoya | 2018-05-04 22:08 | 書籍 | Comments(0)

おじさまと猫

 某SNSで、猫好きのみなさまからこのコミックを無理矢理?勧められて購入してみました。書店に行くより手っ取り早いので楽天ブックスにて。田舎の本屋にはお目当ての本が置いてないことが多いし。明日は終日雨らしいので読んでみようっと。ワンコ派ではありますが、猫もきらいじゃありません。


b0057612_22540175.jpg


 今日も雨が降ったり止んだりの不安定な天気でしたが、止み間をぬって朝と昼過ぎにけんちゃんの散歩はすることができました。昨日は一日中雨で歩けず、明日もおそらく雨の止み間がなさそうなので、今日は意地でも散歩させたかったので。一日中家の中にいてもたいくつだよね。>けんちゃん


散歩から帰ってすぐ、散歩用コートのままご褒美(ボーロ)を待ってます
b0057612_22555747.jpg





*************************************

by enoya | 2018-03-20 22:57 | 書籍 | Comments(0)

Amazonでぽちっと

 夫婦ともに両親が亡くなっており今度は私たちが被相続人になる番だと、これらの書籍を買ってみました。幸い我が家は相続でもめたことがないのですが、自分が亡くなった時に息子たちがもめないように、遺恨を残さないようにするためにも?元気なうちにいろいろやっておかなくてはと思っています。今住んでいる自宅も息子たちは住まないでしょうから、そのうち不動産じゃなく負動産になるでしょうし。遺言書も公正役場に行って作っておかなくっちゃとか、エンディングノートも記入をはじめなきゃとか(既に購入済み)いろいろ思う60代のおばちゃんです。その予備知識としての3冊の本、あっ、一冊「定年後」はまだ働いている夫のために購入。これからじっくり読んでいこうと思います。


b0057612_19081125.jpg







******************************************


by enoya | 2018-02-13 22:00 | 書籍 | Comments(0)

最近はまっている時代劇

 最近はまっている時代劇・・・NHK総合土曜日午後6時5分から放送されている「みをつくし料理帖」です。これは高田郁さんの文庫本シリーズ「みをつくし料理帖」が原作。脚本はちかえもんやちろとてちんも担当した「藤本有紀さん」です。3話まで見ましたが、さすが~藤本さんの脚色。高田郁さんの描いた江戸時代の雰囲気を役者さんたちと一緒に引き出している感じです。主役は黒木華さんで澪役にぴったりだし、ごりょんさん役の安田成美さんがこれまた良い味出してます。小日向さんの店の主人役といい・・・ 最高です。とかく原作をドラマ化するとイメージが崩れたりするのですが、ぴったり合ってます。
 この文庫本10冊シリーズ、とってもおもしろくてあっと間に読み終えてしまいました。おもしろい巻は繰り返し2回読みました。今、NHKでドラマ化されたのでさらにもう一度読み返しているところです。澪という大阪で生まれ育った薄幸な少女が、本人の努力(才能も)周囲の支えで江戸時代に女性料理人として成長していく過程を幼なじみとの再会等を交えつつ描かれている作品です。いろんな艱難辛苦に立ち向かって将来を切り開いていくのです。


みをつくし料理帖 文庫本シリーズ
b0057612_22033730.jpg




今日の発電状況
天気   曇り時々晴れ
発電   7kwh
売電   3kwh







*************************************




by enoya | 2017-06-11 21:33 | 書籍 | Comments(0)

「蜜蜂と遠雷」読了

今年の直木賞受賞作 恩田 陸さんの「蜜蜂と遠雷」を2日で読了しました。
いや~おもしろかったです。2段組:507ページもある大作。この分厚い本を読めるのかしら?と楽天ブックスから送られてきた本を手に取った時には思ったのですが、読み始めると止まりません。この私が睡眠を削ってまで読み進めた本です。私もピアノを10年間習っていて(ものにはならなかったけど)、作品中に出てくる曲名もわかるものがあります。ピアノを弾きたい!とかピアノが怖いとか思う気持ちもわかります。そんな私を夢中にさせてくれました。1回目はとにかく読み進めることに集中しすぎたので、もう一度できれば小説内で出てくるピアノ曲でも聴きながら再度読んで見ようと思っているところ・・・

・一度舞台を途中で降板し、世の中から消え去っていた天才少女 「栄伝亜夜」
・フランスの養蜂家の息子で自分ではピアノを持っていないが天才の少年、「風間 塵」←(もう彼は完全なるフィクションです。現実には絶対無理)
・ニューヨークにあるジュリアード音楽院に通う天才少年「マサル・カルロス・レヴィ・アナトール」
・楽器店に勤める妻子持ちの市井の音楽家 「高島明石」
を中心にピアノコンクールでの様子が描かれていきます。天才3人の若者はこれこそすごいの一言・・・でも私が一番心で寄り添ったのは、市井の音楽科「高島明石」でした。小説を読みながら「高島明石がんばれ~」と応援してましたもの。音楽で食べられるようになるのは大変とか、ほんと身につまされる環境にあるのが「高島明石」。楽器店の店員としてお給料をいただきつつ、それでもピアニストを諦めきれずにコンクールに挑戦するすばらしさ・・・ 現実に一番近い存在だったからかもしれません。

ピアニストを職業にする方々からすると、こんな天才がいるなんて考えられないかもしれません。現実離れしているし・・・ でもまぁそこは小説。フィクションの世界です。恩田陸さんの綿密な取材からピアノコンクールってこんな感じなんだと言うことも一般人が知るのもまたおもしろいのかもしれません。なかなか入り込めない(参加できない)世界ですから。


b0057612_21425847.jpg





今日の発電状況
天気   曇り時々晴れ のち 雨
発電   15kwh
売電    9kwh







**************************************






by enoya | 2017-02-08 21:45 | 書籍 | Comments(0)
 雑誌を何誌か年間購読してきましたが、今は手芸本のリバティー(ディアゴスティーニ)だけ。(以前は教育関連、音楽関連、飛行機関連雑誌を年間購読してきたのですが、今は1誌に絞っています)それが今回からPRESIDENTも購読を始めました。年金問題とか老後のこととかよく特集があって、たまに買っていたので生協を通じて。そうするとプレジデント社から謹呈本が届いたのです。それが今話題の「真田幸村」。私はあまりこの種の本は読まないんだけど、謹呈されちゃったし暇な主婦なので読んで見ようかなぁ・・・

年間購読を始めたPRESIDENTと謹呈本
b0057612_18530045.jpg





今日の発電状況
天気   曇り
発電   13kwh
売電   11kwh





****************************************************


by enoya | 2016-10-13 18:55 | 書籍 | Comments(0)

手芸関連書籍を購入

 突然ミシンを購入し、簡単な孫のスタイくらい縫いたいという気持ちから、また別のソーイング基礎本と赤ちゃんの小物が載っている本を買ってしまいました。今回はAmazonにて・・・ 頼んだ翌日には届きました。早速見てますが、基礎からしっかり書いてAIR増す。まずは読んで練習しないといけません。
b0057612_20474276.jpg


 さらに手芸用品も買い足して・・・ 端布も買ったし、これで大丈夫かな。スタイを作るにはダブルガーゼ生地が足らないけどまぁ練習だから別のダブルガーゼを継ぎ足してもいいか。
b0057612_20484513.jpg




今日の発電状況
天気   曇りのち晴れ
発電   26kwh
売電   19kwh





********************************
by enoya | 2016-07-27 20:54 | 書籍 | Comments(0)

飛行機が大好きで、音楽が好きで、パグのけんちゃんがかわいくてたまらない。そんなお母さんの日常を書いています。 


by enoya