ブログトップ

飛行機とパグが好きなお母さんの日記

バネ指を手術しました

 12月に右手バネ指治療として整形外科にて副腎皮質ステロイド注射を腱鞘内(手の親指根本付近)に2度も打ったのですが、3ヶ月を経てまた痛みが出て来たので手術に踏み切りました。行きつけの美容室の先生がバネ指手術をされた広島市内の病院にて。今朝の9時からの手術予約をして、病院には8時30分までに入り手術前のブリーフィングや血圧測定を行います。先ずは外来診察室にて血圧を測定し、それから隣の建物内にある手術室へ異動です。大きな手術室でした。整形外科なので私のような短時間で済む日帰り手術じゃなくて、何時間もかかる手術がメインのようでした。日帰り手術はあまりないと看護師さんが言われていましたので・・・

 先ず更衣室にて手術着に着替えます。更衣室から手術室に移動して手術台に寝ました。右手親指根元の手術で局部麻酔なので、患部が私から見えないように布で遮断され手術の様子は見えません。痲酔の注射が若干痛いくらいで後は痛みは感じませんが、ドクターが器具を使ってごりごりと何かをはがしているような感覚は伝わってきます。すぐに手術は終わって「今縫ってますからね。親指がちゃんとまっすぐ動くようにしましたから。」と声をかけてもらいました。包帯でぐるぐる巻きにされ患部は見えません。手術が終わって着替えもしてから、また外来診察室に戻り細菌感染を防ぐための抗生物質を点滴注射しました。痛み止めや感染予防、胃薬等の処方を受けて今日の治療は終了です。さすがに今日は車では行けないので、JRとバスを乗り継いで帰宅。痛み止めが効いていて痛みもありません。


手術後の右手 包帯グルグル巻きです
b0057612_21003257.jpg






*******************************************



[PR]
by enoya | 2018-03-13 20:44 | 治療 | Comments(0)