カテゴリ:映画( 12 )

美女と野獣 実写版 

 連休も終わり、今日は終日雨で大物洗濯も畑仕事もできない日・・・ そうだ映画を観に行こう。せっかくなら見たかった「美女と野獣」にしようと朝になって決めました。なんせ映画鑑賞代金はシニア割引きが効いていつでも¥1,100ですから気楽です。今日みたいな日はがら空きでしょうから事前に座席指定することも要りません。ところが自宅でとろとろ支度をしていたら、英語版の上演時刻に間に合わなくなり、少し遅くから始まる日本語版を観ることにしました。場所はいつものバルト11。
 11時25分から始まって2時間ちょっとの鑑賞時間でしたが、あっという間でしたね。筋はよく知っているし、四季のミュージカルで何度も観てる作品、それもハッピーエンドときてますから、安心して観ていられる映画です。なんといっても挿入音楽がすばらしい。今日は日本語版だったので、イチバン歌唱力を問われる役「マダム・ド・ガルドロープ」の吹き替えはなんと濱田めぐみさんでした。さすがの歌唱力・・・ いつものメロディーが聞こえて、すばらしい歌唱力にも裏打ちされて、日本語版もなかなかでした。吹き替えメンバーもミュージカル俳優さんが中心を占めておられました。

美女と野獣
b0057612_20564409.jpg







今日の発電状況
天気   雨
発電   6kwh
売電   5kwh






************************************



[PR]
by enoya | 2017-05-09 20:57 | 映画 | Comments(0)
 「この世界の片隅に」やっと映画館で観てきました。戦前・戦中・戦後すぐに呉や広島市内の様子、日々食べ物が少なくなり、空爆も多くなって大変な日常が続いても淡々と生きるために生活している市井の人たちの生活がそこには描かれていました。映画では戦時中のこと(広島の原爆や呉の空襲)をやたらむごたらしく描いてはあるわけではありませんが、強く心に訴えかけるものがあります。今を生きている私たち・・・いつもは気にもとめない日常がとても大切なものだと思えました。広島弁も声優のみなさま方お上手です。さすがプロですね。主人公すずが嫁いだ呉の街。呉の高校を卒業したので土地勘はある程度あり、地名や描かれている海や山、そして海軍や呉港の様子等々、今でも変わっていないところもあります。戦時中の大変さは亡き母からもよく聞かされていましたし、実際に実家には空襲を避けて呉市中心部から疎開してきた遠縁の家族がいたようです。懐かしい景色や母から伝え聞いていたことなどもオーバーラップしながら、この映画を観ておりました。

 当初は制作費が足らずできず、クラウドファンドという手法で映画製作の意義に賛同した方からの投資?で映画制作費を捻出したそうです。映画のエンドロールにはその方たちの名前がずらっと出てきます。こんなにヒットする映画になって、賛同したみなさまもさぞや嬉しかったことと思われます。バルト11、ウィークデー昼前からの上映ですが、前のシートを除いて(前は見にくい)ほぼ席が埋まっていました。まだまだ上映期間が続きそうです。


チケット (シニア割引きなので1100円です)
b0057612_21500896.jpg

昼前からの上映だったので、映画開始前にスタバでランチ
b0057612_21505008.jpg




今日の発電状況
天気   曇り
発電   8kwh
売電   4kwh






**********************************


[PR]
by enoya | 2017-01-27 21:36 | 映画 | Comments(0)

ハドソン川の奇跡

 「ハドソン川の奇跡」やっと観に行ってきました。バルト11では後数日で公開が終わるところだった。初めてシニア料金で鑑賞。いつ行っても一人でも1100円で観られる私です。(笑)

 いつもはほんわかした映画しか観ないので、公聴会の場面等、ドキドキハラハラ、結構考えさせられました。大きなスクリーンに響く音響。ハドソン川に着水するまでのコックピットやキャビンの状況が手に取るように表現されています。155名の乗客乗員全員が助かるという結論を知っているから観られるわけで、これがフィクションだったら無理だったかも。事故後の公聴会の雰囲気がすごかった。ほぼこれが事実なんでしょうけどキャプテンやコパイがとった操縦結果について、本当にこれで良かったのか、空港に戻る手段はなかったのか、かなり突き詰めて審理していくんですね。結果は乗員二人のとった操縦が155名の命を助ける結果になったということで・・・ 手に汗握る審理でした。この審理の中でバードストライクで2つのエンジンがダメになりハドソン川に着水という手段を選ぶまでがつぶさに再現されています。あ~ドキドキした、
 キャプテン役のトム・ハンクス...寡黙なキャプテン役がぴったり、コパイ役のアーロン・エッカートもなかなかでした。 


b0057612_21085176.jpg





今日の発電状況
天気   曇り
発電   9kwh
売電   6kwh







***************************************



[PR]
by enoya | 2016-10-11 20:57 | 映画 | Comments(0)

「風たちぬ」を観ました

今日は水曜日で私がたまに行く映画館「バルト11」がレディースディで¥1000。
20日に封切りした「風たちぬ」を観てきました。
ジブリ作品で、宮崎駿監督の映画ですが、これまでのトトロなどとははっきり違います。大人向けの映画ですね。
それより何より、これは飛行機(零戦等)の設計士である堀越二郎が主人公だから映画の中でも飛行機がたくさん出てきます。戦前に設計した零戦のことはさらっと触れられただけです。零戦は「一機も返って来ませんでした」という台詞があります。宮崎監督としてはここに思いが結構あるような気がするんですが・・・ 後に設計に参加したYS-11のことは一切なし。それは寂しいな。
二郎の恋愛・結婚は堀辰雄の小説「風たちぬ」をモデルにフィクションで描かれていますが、この部分も売りかな? 奥様との別れに涙を流す人もいたような・・・

プログラム・・・
b0057612_15484563.jpg





今日の発電状況
天気   快晴
発電   31kwh
売電   28kwh
[PR]
by enoya | 2013-07-24 22:48 | 映画 | Comments(0)
ショッピングセンターの中にあるシネコンにて映画鑑賞。「舟を編む」原作を読んでよかったので、松田龍平が主役のこの映画を観てきました。描かれていた主人子の人となりはよく表現できていたと思いますが、やはり原作を全て2時間ちょっとの映画では描ききれないところもありますね。原作を先に読んでから映画を観た方いいかな。

今日はレディースデイにつき、¥1,000~♪ 買い物ついでに映画を観ている私みたいなおばちゃんも結構いる昼下がり。また観たい映画があったら、水曜日を狙ってお出かけしよう。そうしよう。

行ってきたシネコン。
b0057612_9338100.jpg


バルト11で上映中の作品 (GWに入る間でのラインナップ。GWは作品が変わるようです)
b0057612_932762.jpg



今日の発電状況
天気   雨
発電   7kwh
売電   5kwh

雨は昼過ぎに止みましたが、太陽がのぞくまでには至らず。まぁ発電できたのでヨシとしなきゃいけません。
[PR]
by enoya | 2013-04-24 22:29 | 映画 | Comments(0)
 夫婦50割?二人で2000円にて「のだめカンタービレ 最終楽章前編」をやっとバルト11で観てきました。1月までは昼間の時間帯も上映があったのですが、今は夕方からの1回上映のみになっています。早く観に行きたかったのですが、ぐずぐずしていたら2月の中旬になってしまったのでした。やはり映画館での音響は素晴らしいし、テレビよりもクラッシック音楽がたくさん出てきたので楽しめました。隣で寝るかな?と思っていた夫も、ずっと楽しそうに観ておりました。まぁ内容はドタバタ喜劇みたいなものですしね。

 テレビドラマの時よりも「千秋」の指揮がうまくなってきています。相当練習したのだと思われますが・・・ 特にチャイコフスキーの序曲「1812年」がヨカッタですねぇ。ウィーンやパリの見たことがある風景が随所に出てくるのもまた良し。TGVのロケもあったりして・・・ そういえばジュネーブからパリまで乗ったことがあるなぁとか思いだしておりました。

 ウィーンがメインで登場するのは後編みたいで少し残念でしたが、4月から公開予定の後編も楽しみです。
b0057612_22302633.jpg

[PR]
by enoya | 2010-02-13 22:25 | 映画 | Comments(0)
 今日、府中町のシネコンで見てきました。ウィークデーの昼間。それも火曜日は割引曜日ではないのでなおお客さんが少なかったのかな。100名以上入れるシアターなのに、お客さんはまばら。冬休みになったら客が増えるでしょうから、今ならゆっくり鑑賞できます。 今回も一人で観ましたが、女性で一人の方が何人もおられました。休日だと夫もいけますが、なんせ混んでますからね。それにこの土日は二人とも用があっていけないし・・・

 先ずはプログラムを買います。これは映画や舞台を観る場合の慣例です。3Dなので映像にも迫力がありますね。ちなみに普通のフィルムバージョンと、吹き替え無しの日本語字幕バージョンもあって、都合3種類「カールじいさんの空飛ぶ家」をこのシネコンでは上映しています。3D料金は+200円でした。

 内容はこれから観る方もおられるでしょうから詳しくは書けませんが、老後・・・こういう夫婦でありたいなぁ。もし私が夫に先立たれ一人になっとしたら、カールおじさんのように過ごせるでしょうか? ディズニー映画らしく、雄大な自然とちょっとはらはらドキドキ冒険ものですが、結構ひきこまれて観ておりました。最後はほんわかな感じもまたよし・・・

画像はプログラム 
b0057612_11304758.jpg

[PR]
by enoya | 2009-12-15 22:29 | 映画 | Comments(0)

そうだ、映画を観よう

 今月はお仕事もなし、結構ヒマに過ごしています。(あっ、ぼちぼち気になるところの詳細掃除も始めていますよ) マイミクのみなさんが映画の感想を載せられることがあります。昨日、今日と、続けて「カールじいさんの空飛ぶ家」を観られたとマイミクお二人の感想がありました。

 このところ、映画を観に行っていないので女性が安い水曜日にでも出かけてこようかなぁ・・・ 今みたい映画は3本。
・カールじいさんの空飛ぶ家(現在公開中)
・のだめカンタービレ最終章前編(12月19日より公開)
・釣りバカ日誌 (12月26日より公開)

 のだめの場合は、テレビで面白かったし、大好きなクラシックの世界が舞台ですから・・・それにウィーンロケも魅力的です。どたばた喜劇ではあるけれど、なかなか楽しめるのではないかと。

 釣りバカ日誌は、これが最後のシリーズになることもあるのですが、実は私、このコミックだけは単行本を1巻からずっと持っている(持っているはず)んです。まだ20代の頃、同僚が「ビックコミックオリジナル」というコミック週刊誌を読んでおりまして、その中に「釣りバカ日誌」が掲載されていました。いつも借りて読んでいてとっても面白いので、それから単行本を本屋さんに頼んで出る度に入れてもらっています。(既に76巻まで出ています)初めて映画化された時ももちろん観に行きました。当時は「寅さん」との抱き合わせのあまり期待されていなかった映画だったのですが、この映画で評判となり今回ファイナルで20作目になります。まだコミックは続いていますが、ファイナルの映画ではどうなるのか楽しみです。

現在自宅にある釣りバカ日誌単行本最新版(76巻)
b0057612_17515527.jpg

[PR]
by enoya | 2009-12-13 22:33 | 映画 | Comments(0)
 初夏のような気温のバレンタインデー・・・ 別に用もないので、映画でも観ますかと自宅を出て広島市近郊にあるシネコンへ。私が見たかった「マンマ・ミーア!」のチケットを夫婦50割引券(どちらかが50歳より上だったら二人で¥2000)で買おうとしたら、窓口のお姉さんが
「次の回は14時15分ですが、それでもよろしいですか?」
と聞いてきました。ただ今の時刻午前10時30分・・・後4時間弱もあります。webで11時35分開始と確かめてきたんだけどな。
「実は今日の土曜日から、上映時刻が変更となっています。」
「・・・・・」

 なんですって・・・ 4時間もぼーっと待つわけにはいかないので、下にあるジャスコで買い物し、タリーズでお茶して帰ってきました。せっかくシネコンまで行ったのにあ~あ!でした。「マンマミア!」はブロードウェイでミュージカルを観てとっても楽しかったので、映画でも観たかったのにな。実はABBAファンの私です。

 時間がとれれば来週の水曜日(レディースデイで女性は一人\1000)に一人で観てこようっと。
b0057612_2256571.jpg

[PR]
by enoya | 2009-02-14 22:57 | 映画 | Comments(0)

HAPPY FLIGHT

今朝の日経新聞に、矢口史靖監督作の映画「HAPPY FLIGHT」について詳しく載っていました。実話で描く航空業界の人々・・・ という副題が付いた記事です。

この矢口監督は、「ウォーターボーイズ」の監督でもあります。その矢口監督はかなりの飛行機オタクらしいのです。それでいろいろ飛行機業界の方たちに話を聞いていて興味もさらに湧き、実際に起こったことをテーマにして映画を撮っているとのこと。ANAの全面協力の下、目下制作中の映画です。日経新聞には関西空港でのロケの様子が出ていました。この時は実際に国際線で飛んでいるJA8096を使って上客が飛行機に乗り込む様子も撮影したとか・・・ さすがにコックピット撮影はなかったようですけど。(これはセットで行われたと書いてありました) ロケ場所が近かったら私も一般エキストラに応募したんだけどなぁ・・・ 如何せんロケは羽田と関空だから・・・(それも羽田は深夜の撮影だそうです)

b0057612_23363647.jpg

[PR]
by enoya | 2008-07-20 23:36 | 映画 | Comments(0)

飛行機が大好きで、音楽が好きで、パグのけんちゃんがかわいくてたまらない。そんなお母さんの日常を書いています。 


by enoya