タマネギがベト病に・・・

タマネギ畑で大問題発生!

これまで順調に育ってきた晩生のタマネギが病気にかかりました。
ベト病だと思われます。
この病気、これ以上の拡散を防ぐには農薬をまくしかないらしい。
今年のタマネギは諦めるしかないのかなぁ。(悲)
b0057612_1230452.jpg


すぐに地元農協に行って(我が家は組合員)、対応方法を聞いてみました。
やっぱり農薬散布が必要なようですが、今年はうちの近くでベト病が大流行していて、ベト病に効く農薬がすべて売り切れていました。
ちょっと遠くの農協販売所にはあるというので、そこまで車で行って一応買ってきましたが・・・
無農薬で育ててきた私にとって農薬を使うには抵抗感あり。
農協窓口のおばちゃんのアドバイスは
「葉が黄色くなった部分をすべて摘んで、自然にやさしい薬剤をかけ、タマネギの回復力に期待してもいいけどねぇ」
でした。そうだよねぇ、ここまで無農薬でやってきたので最後まで頑張りましょうということで(そばに稲の苗もあって、そちらの方に農薬の影響があってもまずいし)、帰宅後黄色くなった葉をすべて摘み取り、カブ自体がほぼ黄色くなっているものは抜いてしまいました。
そして既に購入してあった「カダンセーフ」という人と自然にやさしい薬剤をかけたのでした。
これで様子を見ます。
抜いたタマネギはすぐに皮をむいて冷蔵庫へ。こんなに抜きました。
大きいモノは野球ボール状に成長しています。
b0057612_12341013.jpg


(数日後のタマネギの様子。患部を摘み取っているので黄色い葉っぱは広がっていません) ←後日更新
b0057612_1234317.jpg




今日の発電状況
天気   晴れ時々曇り
発電   33kwh
売電   30kwh
少し雲が出た時間帯もあり、昨日には及ばず。
[PR]
by enoya | 2013-05-13 22:24 | 畑仕事 | Comments(0)