お世話になった先輩との別れ・・・

 教員時代の先輩とお別れをしてきました。自宅で倒れ、緊急手術の甲斐なくその日のうちに61歳で旅立たれました。
 2つの職場でご一緒した先輩でした。最初は同僚として、後に管理職として。とにかく豪放闊達。何かあっても「任しときんさい、あんたは子どもたちの対応をしっかりしんさい。」と言ってくれる上司でした。教師としての在り方、専門の書写指導、リタイヤ後の生き方等々、この先輩から学んだことは数知れず。

 仕事は熱心。よく飲み、よく食べ、よく遊ぶ人。家庭では良きパパ。豪快に見えても裏ではとても人の気持ちを思い測る人でしたので、この方の周囲にはたくさんの人が集まります。昨夜の通夜、今日の葬儀ともに会場に入りきれない人・人・人。教え子や元保護者も・・・

 小学校の教員であるとともに、素晴らしい書家でもありました。(各書道コンクールでも大きな賞を受賞されたり、中国新聞新年選奨コンクールでは長い間、書の審査員でした) ゴルフが大好き。少し早めのリタイヤ後はサイクリングも趣味に加え、書道の本場:中国にも長期で度々出かけられて、とても勉強熱心。

 61歳での死はまだ若すぎる。これからやりたいことがいっぱいあったことでしょう。昨年9月に一緒に飲んだ時も
「やりたいことがありすぎて困るんよ。」
と、話されていましたっけ・・・ 

 葬儀後、ご家族の挨拶
「精一杯謳歌した人生でしたね。心からありがとう、そしてお疲れ様でした。あちらの世でもしっかり遊んでくださいね、お父さん!」

合掌
[PR]
by enoya | 2010-02-06 22:00 | Comments(0)